パリ旅行記、ベルサイユ宮殿

スポンサーリンク

憧れのベルサイユ宮殿へプチ旅行

今日は「ベルサイユ宮殿」に行きます!!
旅行の前から張り切っていた私ですが、どうも昨日から私の調子が悪い・・・
でも、せっかくパリに来たので行く事にしました。
それに、ベルサイユに行く目的はベルサイユ宮殿だけじゃなかったので。

 

メトロ+市内バスに乗ってベルサイユ宮殿へ!

ベルサイユ宮殿に行くのに色々なルートがありますが、一番便利なRER−C線は工事中(涙!
なので、メトロとバスで行こうと思います。
CHATELET ⇒ Franklin D.Roosevelt ⇒ POINT DE SEVRES ⇒ 171番バス
このルートの魅力は、他の交通機関よりもベルサイユ宮殿の近くまで行ってくれる事です。

 

私のメモ帳、かなり役に立ちました。

5号(105×148)サイズのノートです。

メトロに乗る時は、このノートを片手に乗っていました。

 

ガイドブックを持っているといかにも観光客っぽくてスリなどのターゲットになるけど、これならちょっと安心かな〜〜

 

バス乗り場もすぐに分かりました。

171番のバスに乗ります!

 

バス乗り場です。高級住宅街って感じ!億ションかしらん〜?

 

発車時間になるとたくさんの人がやってきて、バスはあっという間に満員に・・・
私たちは早めに行ったので座る事が出来ました・・・このバスで終点まで行きます。

 

バスは住宅地を通り、乗客は学生さんや地元の主婦などが多く、ベルサイユ宮殿(終点)まで乗っていたのは私たちだけでした。
みんな、どんどん途中で降りるので不安になっちゃいました・・・パリの人たちは、あまりベルサイユ宮殿には行かないのかな?
でも、市内バスは、メトロとはまた違った楽しさがありますね。

 

終点のバス停は本当に宮殿の真ん前!!分かりやすい〜〜
何でみんな、このルート利用しないんだろう・・・?
帰りもこのルートで決まりだね〜。

 

マリー・アントワネットが優雅に暮らした「ベルサイユ宮殿」

観光バスがどんどん到着!中は凄い事になっているに違いない・・・

 

バスの停留所はこんな感じ!自家用車の路上駐車場でもあります。

すでに満車状態・・・恐るべし、ベルサイユ宮殿!

 

超豪華な金の門!維持費が大変だろうな・・・と思ってしまう私

 

ベルサイユ宮殿、思っていた通り、超激混みでした。
「何せトイレが少ない」って情報を聞いていたので、まずはトイレ!
噂通り並んでいる・・・・それもプレハブみたいなトイレです。
これだけの観光地にしてはトイレが少なすぎ!!

 

パンフレットを貰うのにも無駄に並ぶし・・・早々に疲れてしまいました。
わざわざ言語を言って手渡しだから、時間がかかる・・・パンフなんて、勝手に取っていくようにすれば良いのにね。

 

宮殿の中は、噂通り豪華・・・
キンキラキン・・・思わず、豊臣秀吉の金の茶室を思い出しました。
ルイ王は秀吉とセンスが似ているのかも。

だいたいどの部屋もこんな感じ・・・

肖像画が何枚もあって、像がある。

 

王の間とか王妃(マリー・アントワネット)の間とかもあったけど、人が多すぎて写真撮影は断念。
宮殿に住んでいた貴族も権力を競うように肖像画とか像を飾っていましたが、ルーブルを見たあとだと肖像画も漫画レベルに見えてしまう。
こんな風に曲がった見方をしてしまうのは私だけ?

 

有名な「鏡の間」ですが、あまりにも人が多く、スリが多いという事で写真を撮る事が出来ませんでした。
ま、印象としては、確かに豪華!
「ここで舞踏会が行われていたのね・・・」とか感慨深くなったり・・・
「ベルサイユのばら」のマリー・アントワネットとオスカルが踊るシーンを思い浮かべました。
ただ、多くの人が触るから(触って良いの?)なのか、年数がたっているからなのか?鏡がとても汚い・・・
ちょっと残念な感じがありました。

 

色々な意見があると思いますが、私にはベルサイユ宮殿は「贅沢を尽くした宮殿」ではあって、あまり良い印象は得られませんでした。
フランスの民衆が飢えているときに、王や貴族はこんな贅沢をしていたんです・・・フランス革命が起こるのも無理はないと思いました。
私がフランスの民だったら、やっぱり怒りをぶつけると思う。
フランス革命って残酷なイメージがあったけど、この宮殿をみたら、その背景が分かるような気がしました。

 

それに観光客、団体ツアー客が多くて、どの部屋に行っても動けないくらい人で苛立ちもピークに・・・
中国人や韓国人の団体が通路に大きく広がっていて進めない・・・イライラ・・・
私も団体ツアーに参加して居た時は、こんな風に迷惑をかけていたのかな・・・と、かなり反省。

 

動けないし、息苦しい・・・夫も「早く外に出たい」と言うので出口を探すが、なかなか見つからない(汗
順路を逆に行くと迷惑かけるし。
ヘトヘトになってやっと外に出ました。

 

外の空気を吸ったら、やっと生き返った〜〜

整備された庭・・・

誰も歩いていなかったので、入っていけない場所なのかも。

唯一、ホッとする場所でした。

 

トリアノンに行く乗り物も貸し出し中だったり、待っていたりと時間がかかりそうだし、歩いて行くにはかなり遠そう・・・
なので、ベルサイユ宮殿の観光はこれで終わりです。

 

「またパリに来る事があったらベルサイユ宮殿に来るか?」と聞かれたら、たぶんもう来ないと思う。
ベルサイユ宮殿の口コミでは、「感動した」って言う人が多かったけど、私は、幻滅したかも・・・・
観光客のマナーが悪すぎるのもあったかもしれないけど、私にとっては「ベルサイユの薔薇」の中だけの憧れの宮殿のままの方が夢があって良かったかも。

 

ベルサイユのサッカーショップ「Espace Foot」へ

ベルサイユ宮殿を後にして、私たちはRERの駅まで行きます。
この駅の近くにフランスのサッカーチームのショップがあるらしいのです。
サッカーファンの弟のお土産を買うのがベルサイユに来たもう一つの目的でした。

 

その前に、トイレタイム&ティータイムでスターバックスに入りました。

ドーナツとシェイク!

威勢の良いオバチャンがカウンターで呼び出してくれます!

ドーナツは美味しかったけど、シェイクはちょっとゆるかった。

トイレは常に使用中!!

 

ほんとフランスってどこに行ってもトイレが少ないです。
「フランス人は日本人よりも膀胱が大きいのだろうか???」と夫と話していました(んなわけない)
でも、これだけトイレが少なくて、どこもすぐ入れない状態だったら、パリの人たちは、急なときはどうするんでしょうね?

 

お目当てのサッカーショップを探すもなかなか見つからない・・・と思ったら、ショッピングモールの中にあるじゃないか〜〜

▼▼▼

Espace Foot Versailles支店

 

フランスのサッカーチームのユニフォームやグッズの種類が豊富です。
サッカーファンにとってはたまらないでしょうね〜
弟のために店ごと買って帰りたかった。

 

夏休み期間だったので休みかも・・・なんて心配もしていたけど、開いていました!
結構、外国人の観光客多いのでしょうね〜

 

お店には体格の良い(元サッカー選手っぽい)男性の店員が居て、私たちが「ポンジュール」と挨拶するととても親切に対応してくれました。
弟から預かったジャージの写真を見せるも「品切れ」の仕草・・・
困っていたら一枚のユニフォームを持ってきてくれた・・・・希望のチームのマークだし、私たちはよく分からないので、お兄さんオススメって事でそれをご購入〜。
(ちなみに、弟に「ジャージ以上に貴重なユニフォームだ!」と喜ばれました)

 

RERの駅からはひっきりなしにたくさんの人が出てくる・・・みんなRERで来るんだね・・・
私たちは帰りも快適なバスでパリに戻った。

 

さて、今日はルーブルが21:30までの日!
ちょっとホテルで仮眠をとって夕方出かけるとしよう〜

管理人のパリ旅行に関する何でもランキングページ

スポンサーリンク

パリ旅行記2010 ベルサイユ宮殿関連ページ

2度目のルーブル美術館(夜)
2度目のルーブル美術館に行ってきました!今度の目的は「ミロのヴィーナスと記念撮影」でしたが・・・