パリ旅行記、モンマルトルとオルセー美術館

スポンサーリンク

モンマルトルとオルセー美術館

「Pigalle駅」まで歩いてもそんなに時間はかかりません。
駅の近くからモンマルトルを周遊する機関車の形のバス「プチ・トラン」に乗ってみたくなりました。

 

その前に、「ビューティー・モノップ」で妹へのお土産に可愛い石けんとかコスメを何種類か購入しました。
リーズナブルなスーパーの系列だけど、コスメ関係は結構高い・・・
でも、可愛いコスメがたくさんありました。

 

プチ・トラン、乗り場がどこなのか全く分からない・・・
トイレにも行きたいし、小腹も空いてきたので、ちょっとPOULでお茶しましょう〜

8_5_9.jpg
パンとカフェオレです。
パリのパンはどんなパンも表面はサクサクで美味しいです〜

 

さて、プチ・トランの乗り場を探す事30分・・・駅前のバス乗り場って聞いたけど、プチ・トランのマークが無い・・・と思ったらプチ・トランが止まって団体が乗り始めた。
でも、太った人たちばかりが乗ったから一気に満員に・・・(^^;
それに、道路を走る乗り物なのに(客席に)ドアが無くてチェーンだけで支えている感じ・・・
なんか、恐くなったので乗るのを止めた(汗
きっと、どこかに乗り場があるのでしょうが、イマイチ観光客に親切じゃない・・・

 

曇ってきたし、疲れたので、モノプリで昼食を買ってホテルへ戻った。

8_5_10.jpg
メトロの駅です(どこの駅か忘れました)。

そういえば、パリで販売機を見たのは、私が知る限りメトロのホームの中だけのような気がする。

 

メトロの乗り方を覚えたら移動がとても楽〜〜♪♪

 

夜のオルセー美術館

今日(木曜日)は「オルセー美術館」が21:00までです!
団体客が居なくなるであろう時間18:00くらいにオルセー美術館に行きます。
もうメトロにも乗れるようになったのでメトロで楽々移動〜〜

 

さて、オルセー美術館ですが・・・
ここで残念なお知らせが(涙
私事なのですが、3点ほど絵画を見ていると目眩&吐き気が起きてしまい、立っているのも辛い状況に陥りました。
しばらくは夫も一緒に座っていてくれたのですが、せっかくのオルセー美術館に来て私に付き合わせるのも申し訳ないので、夫だけで見てきてもらいました・・・私はとても歩けない(涙
約2時間半・・・私はずっと荷物を抱えて座っていました。

 

と言うわけで、オルセー美術館の写真はありません(写真撮影禁止なので夫のカメラにも映像はありません)。
でも、見てきた夫の話では、「日本で見たオルセー美術館展よりもずっと名作揃いだった」との事。
うーーん、せっかくオルセー美術館まで行って何も見れなかった私って・・・(涙
帰ってきてから夫がオルセー美術館で買った本を見ています。

8_5_11.jpg
夫が買ったオルセーのガイド本。

考えたら18:00〜って完全に時差ボケが一番辛い時間でした(^^;
またいつかパリに行ける事があれば、時差ボケの時間じゃない時に行きたいです。

 

夕食は何を食べたのか思い出せません・・・たぶん、モノプリのサンドイッチとカップ麺だったと思う(^^;
モノプリの店員さんが、疲れ切った私の顔を心配そうに見ていたのを覚えています(汗
きっと、すっごく顔色が悪くて無表情だったのだと思う。

管理人のパリ旅行に関する何でもランキングページ

スポンサーリンク

パリ旅行記2010 モンマルトルとオルセー美術館関連ページ

モンマルトル
芸術家が集まる街モンマルトルに行ってきました。テルトル広場でお気に入りの絵も買えました〜