パリ旅行記、ルーブル美術館

スポンサーリンク

ルーブル美術館観光、ニケ&モナリザ鑑賞

今朝も酔っぱらいの声で目が覚める・・・
早朝まで営業しているパブか何かがあるのでしょうね。
すると、パトカーのサイレンの音がして、なんと銃声が!?
音の方で、若者が暴れている声がして、やがて、そちらの方向からたくさんの若者が歩いてきた・・・
窓を開けて見てみたけど、ホテルの窓からは見えなかった。

 

7:00にパンを買いに近くのパン屋さんへ!
朝食のフランスパンとクロワッサンを買いに行きます!

毎日お世話になったパン屋さん!

でも、開店時間はアバウトのようです・・・

 

さて、我々の第4の難関!

「欲しいパンを買う事が出来るか!?」
早朝だと言うのに、レジにも3人くらいマダムが並んでいて、みんなフランスパンを3〜4個買っている。
私の番になった・・・ドキドキしながら「バゲット ワン!アンド クロワッサン ツー プリーズ♪」と言ったらすぐに分かって貰えた!!
問題なく買えた〜〜♪つか、指さしでも全然OK〜!(^^)!

 

パンは焼きたてのを出してきてくれて、持つところだけに紙を巻いてくれる・・本当に簡易包装ってやつですね〜。
クロワッサンは袋に入れてくれた。
温かくて柔らかくて美味しそう〜

 

パン屋さんデビューで買った「フランスパン」と「クロワッサン」です!

どちらも表面はサクサクで、中はしっとり〜

凄く美味しいの〜♪

 

パリのパン屋さんで焼きたてのフランスパンとクロワッサン!
すごく優雅で贅沢な気分です〜
昨日、スーパー・モノプリで買ったオレンジジュースとフルーツヨーグルトも付けて超豪華(?)な朝食になった。
ホテルやカフェで食べなくても満足出来る朝食だった・・・かなり安く上がりました。

 

パリで色々なモノ食べたけど、パンが一番美味しかった!

 

さて、今日は夫の念願の「ルーブル美術館」に行きます!
でも、ルーブル美術館は計画を立てて廻らないと時間だけが過ぎてしまうので、効率よく廻らなければなりません〜

 

今日の目的

  1. モナリザ」を見る!
  2. サモトラケのニケ」を見る!

ルーブルにはもう1日行くので「ミロのヴィーナス」はそのときに見る!
名付けて「ニケ&モナリザ作戦」

 

謙虚に思うでしょ?でもね、その意味が分かりますよ・・・(^^;
ルーブル美術館へは開館前に行って並びます。
有名なピラミッドの前は既に長蛇の列・・・ほとんどがチケットを買う人なんですけどね。

 

ルーブル美術館

私たちは「超穴場」と言われている入り口へ!

穴場の入り口!?

 

「おお!10人くらいしか並んでいないし〜しかもほとんど日本人」
と思ったら、係員が出てきて「☆▽◇□△○◎(今日は駄目みたいなそぶり)」
・・・時々こういう事あるみたいなんですよね・・・運が悪かったわ(涙
そこに居たフランス人のマダムがある方向を指さして「☆▽◇□△○◎」
何か説明してくれているけど、フランス語だから分からない(涙

 

すると前に並んでいた2組くらいの人(日本人)がどこかに早足で歩いていった。
「どこ行けば良いんだよ・・・何言ってるか分からないし・・・どうすれば良いんだよ・・・」と夫が不安そうな顔をする。
「あの人達に付いていけば良いんだよ!!」とフランス人のマダムに「メルシィ〜」と礼を言って夫の手を引っ張って後を追う!
こういう時は「知っていそうな人」の後をついて行くに限る・・・夫は「フランス語じゃなく、せめて英語で言ってくれよ・・・」とブツブツ言っているが、かまわず引っ張っていく。

 

だいたい、私たちだって日本でフランス人に何か説明する場合、英語話せないから日本語で「あっち!」って指さすくらいでしょう・・・あのフランス人のマダムは精一杯説明してくれていたんだから感謝しましょ〜

 

そうしたら、ほらちゃんと来れた!!

ルーブル美術館の中にある「逆ピラミッド」です。

 

よく分からないけど、美術館の中に入れたし、スムーズに入っていけた?(^^;
あの人達の後を追わなかったら迷っていたでしょうね〜〜
思わぬトラブル、夫はとてもとまどい、私は意外と大胆になれる(他人任せだが)。

 

前の人と同じように日本語のパンフレット貰って離れないように付いていく(きっと、私たちに付けられているの気が付いたと思う)。
私たちも、堂々と付いていく・・・なぜなら、絶対に目的は同じだと思うから!
そうしたら、やっぱり「サモトラケのニケ」の前に出た〜〜♪

サモトラケのニケが突然現れた!かなり感動した瞬間です!

 

だいたい日本人は真っ先に「サモトラケのニケ」か「モナリザ」の前に行くのですよ(笑

 

おかげで、空か空かの状態で「サモトラケのニケ」を見れたし、写真も撮り放題〜
やっぱり「サモトラケのニケ」は素晴らしい彫刻物ですね!
顔と腕がない分、余計に「どんな顔をしているんだろう・・・」って気持ちになります。
きっと、絶世の美女だったのでしょうね。

こんな状態(無人)で写真を撮れるのは、開館と同時じゃなきゃ無理です!

 

次に「モナリザ」へ急げ!!

 

夫が「他のもゆっくり見ていこうよ!どれも有名作ばかりなんだけど・・・」とか言い出すけど、急がないと「モナリザ」は人だかりで見れなくなるんだから!
またもや夫を急かして「モナリザ」までGO〜!!
やっぱりモナリザの前には人だかりが出来ていた・・・でも、まだまだ入り込める〜
人をかき分けて写真撮影!!よっしゃ!

こちらも無人で写真撮影できました!

 

混んでいる時は近づく事も出来ないとか・・・
私は一番前でじっくり「モナリザ」鑑賞しましたよ〜〜
ミラノで「最後の晩餐」見た時も感動したけど、「モナリザ」も素晴らしいですね。
本やテレビでは何度も見ているけど、本物を目の前にするとやっぱり違う・・・・

 

さぁ、これで今日のルーブル美術館の目的は果たした!
あとはゆっくり見ましょう〜〜
夫の目が活き活きとしてきた・・・美術館好きだからね〜

 

でも、ルーブル美術館にあるのはどれも有名な作品ばかり・・・

今になって思う・・・「これって凄い光景だ」と・・

 

でも、でも、こんなに名作ばかりあると目が麻痺してきちゃいますね。
自分は凄いところに居るのに、近所の個展にでも居るような・・・(^^;

のんびり、ゆったりと鑑賞できました。

 

展示物も最初のうちは写真に撮っていたけど、夫に「全部写真撮っていたらSDカード何枚あっても足りなくなるぞ」と言われて、本を買う事にした。
なので、展示物の写真はほとんど撮っていません。

有名なのはこの本に収められています!

 

美術館は腰の悪い私には最悪の所・・・
やっぱり腰が痛くなって、足も動かなくなって、休みながら鑑賞するようになってきた。
だんだん夫に申し訳なくなって「私座ってるから自由に見てきて・・・」と言うようになり、1時間くらいは私は椅子に座って夫を待っていた。
私は、モナリザサモトラケのニケさえ見れれば良いのだ。

 

まだまだ消化しきれない夫・・・・ルーブル美術館は1週間くらいないと全部は見れないでしょう(^^;
とりあえず3時間でルーブル美術館を出ます・・・また後日来ますから。
帰る時には「サモトラケのニケ」には階段まで人だかりができ、「モナリザ」も絵に近づけないくらい人だかりになっていた・・・つか、「モナリザ」見えないでしょ(^^;
夫もやっと私の「ニケ&モナリザ作戦」を理解してくれた・・・分かってくれて何よりです(汗

 

(外の)ピラミッド入り口には超長蛇の列ができていた。

 

「LA MAISON DU CHOCOLAT」のエクレア

帰る途中に見つけた「LA MAISON DU CHOCOLAT」のエクレア、1個日本円で500円くらい!高い〜
でも、ガイドブックにも載っていたし、何人もの人のブログでも「美味しい」って評判だったから、せっかくだからホテルで食べようと買う!
夫は2個買いたがったが、昨日のアイスの味の事もあり、とりあえず1個づつ・・・

 

モノプリでサラダとサンドイッチを買ってホテルに戻った。

 

早速エクレア食べてみた!

一口かじった映像です。

写真を撮る前にかじってしもた・・・(^^;

 

さすがに「高級チョコ」って感じの味です・・・上品で濃厚で。
夫はペロリと1個食べたけど、私は1口食べて胸焼けがしてしまった・・・甘すぎるというか濃すぎる(^^;
2口目は食べれず冷蔵庫に入れてしまった。
やっぱ、私はフランスの食事もスイーツも口に合わないみたいだ(涙

 

さて、この後は、昼食後に仮眠を取って、午後からポンピドーセンターに行きます・・・

管理人のパリ旅行に関する何でもランキングページ

スポンサーリンク

パリ旅行記2010 ルーブル美術館関連ページ

ポンピドーセンター
3時間ほど仮眠を取って「ポンピドーセンター」に行きます。 ポンピドーセンターは、私たちの宿泊しているホテルから歩いて5分ほどの場所です。