パリ旅行記、コンシェルジェリー・バトビュスで巴里観光

スポンサーリンク

コンシェルジェリー観光、パトビュスでセーヌ川巡り

コンシェルジェリー

マリー・アントワネットが最後の時間を過ごした牢獄「コンシェルジェリー」です。

牢獄と言ってもとても綺麗なお城のような所です。
貴族の姿など、蝋人形で当時の様子を再現しています。

 

マリー・アントワネットの部屋です。

黒い衣装に身を包んだマリー・アントワネットの姿です。

質素な部屋です・・・でも、私たちが泊まっているホテルとそれほど変わらない・・・って思ったり(^^;
先にベルサイユ宮殿をればもっと違った感想だったのかもしれません。

 

朝から張り切って観光しているので、結構歩いたし、お昼も近いので「ホテルに戻って、ちょっと休んで、昼食を食べに行こう」とホテルに戻ります。
シテ島からホテルへは歩いて15分ほどです。
観光地に歩いていける距離で、疲れたら戻って休めるホテルって、やっぱ便利ですね〜

 

ホテルに戻ると昨日の日本人の男性(オーナー)がいたので、ムール貝レストラン「レオン」と、スーパー「モノプリ(モノップ)」の場所を教えてもらいました。
どちらも、ホテルから歩いて5分以内にあるみたいです〜。

 

日本語が話せる人が居てくれると本当に心強いですね〜
このホテル「PRINCE HOTEL FORUM」は、英語もフランス語も話せない、個人旅行の方にはとてもお勧めです。
(豪華なホテルライフを求める方にはお勧めしませんが)

 

ムール貝の『レオン(Leon)』

ムール貝の「Leon (レオン)」の店内です。

「Leon(レオン)」は、ファミレス感覚で入れて安くて美味しいレストラン、と口コミでも評判のレストランです。
ランチメニューの「ムール貝のココット」と「オムレツ」を頼みました。

パンとポテトは好きなだけ食べられるみたいです。

ポテトの器が空になったらどんどん補充されます・・・

ポテト好きには嬉しいサービスかも♪

 

確かに美味しいんです。
でも、バター味が濃くて、飽きてくるし胸焼けしてくる感じ。
デザートのアイスクリームも美味しいんだけど、味が濃い・・・チョコはチョコ!って感じの味です。
北海道で牛乳味ベースのアイスを食べ慣れている道産子の私にはちょっと濃すぎる感じ。
私たちの口にはあまり合わないかもしれない・・・

 

パリで一番人気のリーズナブルなレストランが合わないとこの先困ってしまいますね〜(ーー;
この調子だと高級レストランも駄目だと思う・・・行く気も無いけど
レオンが口に合えば、毎日メニューを変えてランチを食べても良いと思っていたんですけどね〜。

 

でも、パリで無事にレストラン・デビュー果たしました!!(^_^)v

 

スーパー「モノプリ(モノップ)」に寄ってジュースとおやつと、職場などに持って行くばらまき土産を買います〜。
やっぱ、地元のスーパーは楽しい〜〜
サンドイッチとかも売っていたので、ちょっと試しに買ってみました。
ここはホテルから近いし、毎日通いそうです♪

 

部屋でちょっと休んで、「セーヌ川クルーズでもしよう〜」と、バトビュス乗り場に行きます。
乗り場は色々とあるけど、一番近いノートルダム寺院の乗り場に行くと・・・す、すごい列が!?(^^;
ディズニーランドも真っ青なくらいのウネウネです。
たぶん、あのウネウネのほとんどが塔に上る人の列でしょうね・・・私は足に自信が無いので上れませんが、見晴らし最高なことでしょう〜

 

バトビュス乗船

バトビュスは13ユーロで1日乗り降り自由です。

 

結構混んでいます・・・並んでいます
炎天下の下、30分くらい並んでやっと乗船!
バトビュスは、ガラス張りだから暑い・・・この日は特に暑い日でした(^^;
持って行った100円のセンスが重宝しました。
私と夫が扇子で扇ぎながら乗っていたら、プチ・パリジェンヌがジーッと不思議そうに見ていました・・・扇子ってあまり見ないのかしら?

 

このバトビュス、乗り場によって混み方が違います。
「ノートルダム」や「ルーブル前」などの有名な観光地の乗り場は特に混む乗り場のようです・・・売り場のオネエサマ、教えてくれよ(^^;

 

セーヌ川沿いにはルーブルがあったり、エッフェル塔も見えるし、バトビュスは乗る価値大です!
夜だったらきっと綺麗だったでしょうね〜
と言っても、バトビュスは21:30で終了です・・・21:00でも昼間のように明るい夏はライトアップが見られるのでしょうか?
最終便なら何とか見れるかな?無理だろう・・・・

 

 

夫が「オルセー美術館が見たい」と言うので、オルセーでおりる事にします。
でも、時間が17:00・・・「クローズ!」と冷たくあしらわれました(涙

 

「ホテルに帰ろうか・・・」と言いながらも、疲れてもう動きたくない。
RERは工事中で使えないし、歩くのは嫌だ、バトビュスももう乗りたくない・・・・と夫が我が儘を言い出した。
「じゃ、タクシーで帰ろう」とタクシーにマップを見せても「◇☆▽△○◎□」と言われ、感じから「そこには行けないわ・・・」と言われているらしい。
しょうがないのでホテルまで歩いて戻る事にした(^^;
歩いても20分くらいなので助かった。

 

夕食どうしよう・・・と思ったが、さっき買ったサンドイッチがあるし、日本から持ち込んだカップ麺もあるので「眠たいし、これで良いよ」と、夕食はサンドイッチとカップ麺とオレンジジュースとなった。

「モノプリ(モノップ)」のサンドイッチ、意外といける!!
ホテルのまわりにはテイクアウトのお店とかもあるので、別にレストランで食べなくても良いじゃないか!
と夫と意見が合った。

 

これがどちらかでもホテルや食事にうるさかったら、大変だったろうな・・・。
よく「夫とは(妻とは)絶対に2人で旅行したくない」って言う夫婦居ますよね・・・
私たちって、お互い、ホテルや食事に豪華さを求めないので「旅の良きパートナー」で居られるのかも!?

管理人のパリ旅行に関する何でもランキングページ

スポンサーリンク