パリ旅行記、ルフトハンザドイツのビジネスクラス

スポンサーリンク

ルフトハンザ・ドイツ航空の機内食

今日は満席なので、エコノミー席の方達が乗り込むまで時間がかかりそうです。

機内に乗り込んでまずはウェルカム・ドリンク!

私はアップルジュースとナッツを頂きました

このナッツ、めっちゃ美味しい〜〜くせになりそう♪


ほぼ定刻に離陸して、周りは映画を見たり音楽を聴いたり・・・
でも、私はシートを倒して寝ていました。
機内で映画を見ても頭に入ってこないし、目は疲れるし、ヘッドホン付けると頭痛してくるので「機内ではひたすら寝る」と決めていました。
通路挟んで隣のカップルはさっさとシートを180度にして寝ていました(^^;
私はさすがに110度くらいでしょうか。

この日は混んでいるせいか、なかなか機内食が来ない。
洋食3種類、和食がありました。

私は洋食をチョイス〜〜

まずは前菜です

パンは5種類くらいから好きなのを好きなだけ貰えます。

ちゃんとナプキンも敷いてくれます・・・レストランみたいだ〜


メインを頼む時、意思表示が上手く行かなかったのか、和食が来た(^^;

和食と迷っていたからこちらでも良かったけど

数が合わなくなったりしなかったんだろうか?


デザートは、指を指して「THIS !プリーズ!」と言って欲しいのを貰えました。

オレンジムースです。美味しかったですよ〜でも、ちょっと量が多かった。


機内食は普通に美味しいです。
でも、ANAの方がやはり日本人に合っている食事だし、なんと言ってもANAの方が絶対にサービスは良いですね〜
やっぱり日本の航空会社の接客教育は素晴らしいと思います。

次の食事はフランクフルト到着2時間前に朝食が出るそうです。
それまではお休みタイム〜〜

でも、2階席のせいか、隣の方がヘッドホンでガンガン音楽を聴いているせいか、眠りが浅くて何度も目が覚めるし、トイレが近くなってあまり眠れませんでした(涙
今日は32時間あるというのに、体が持つんだろうか・・・私(^^;

ウトウトしている間に周りの人は夜食を貰っていたようで、おにぎりを食べている人、サンドイッチを食べている人、リンゴをかじっている人、バナナを食べている人・・・いました。
目覚めても気にしてくれるスッチー居なかった・・・お腹空いていないから良いけどね(涙

到着2時間前に出た朝食です。

面倒なので和食を貰いました。

しばし和食ともお別れです・・・美味しかったです。


ほぼ定刻にフランクフルトに到着です。

さて、私たちの難関その1!
「フランクフルト空港で、パリ行きにちゃんと乗り継げるのだろうか!?」
乗り継ぎ時間はたっぷり3時間弱とっています。

夫:「何かあっても言葉が通じないし、不安だ・・・空港案内人(50ユーロ)頼む?」
私:「大丈夫だって!何とかなるって!(^-^)」

こういう時は私の方が度胸あるみたいだ・・・

管理人のパリ旅行に関する何でもランキングページ

スポンサーリンク

パリ旅行記2010 ルフトハンザ・ドイツ航空(東京−フランクフルト)関連ページ

成田空港
パリ旅行はルフトハンザドイツ航空でした。成田空港のビジネスラウンジはANAのラウンジを利用しました。
フランクフルト空港からパリへ
フランクフルト空港でパリ・シャルル・ド・ゴール空港行きにトランジット。 航空券を片手に乗り場まで歩きます。
ノートルダム寺院、サント・シャペル
ステンドグラスが素敵と言うことでも有名なノートルダム寺院とサント・シャペルに行ってきました。 どちらもステンドグラスが本当に素敵で、そのまま住み着きたくなるくらいでした。